カラテカ入江さんが仲介した闇営業問題のギャラが300万円。宮迫博之さんのギャラが100万円って本当?これが本当なら解雇も近い?

カラテカ入江さんが仲介した反社会的勢力グループの忘年会に雨上がり決死隊の宮迫博之(みやさこ ひろゆき)さんが出席していました。ですが宮迫さんは「反社会的勢力グループとは知らなかった。ギャラはもらっていない」と言っています。この問題も消えかかっていましたが、また話題になっています。

ここでは、カラテカ入江さんが仲介した闇営業のギャラが300万円で、出席していた宮迫博之さんのギャラが100万円。解雇もちかいかも…について書きました。

闇営業のギャラ100~300万円って本当?【カラテカ入江問題・宮迫博之も解雇?】

いま、カラテカ入江さんが仲介した闇営業問題で、宮迫博之さんのギャラが100万円だった。という内容の記事がネットにたくさんあります。

問題になっている闇営業で、仲介役の入江さんと、ギャラなど金銭面の交渉をしたのも私です。彼が提示してきたギャラは、『帯3本(300万円)』でした。宮迫さんに100万円を渡し、入江さんが10%の30万円、残りの170万円をほかの芸人さんたちで分けると説明されました。 グループ内に4つある『表の会社』を使い、前払いで、入江さんのM銀行の口座に300万円を振り込みました」

週刊FLASHより引用

もし、この話が本当だとすると、闇営業でギャラをもらっていないと言い張っている宮迫さんも100万円のギャラをもらっていることになります。

闇営業をしたことで、カラテカの入江さんからギャラをもらったことが問題なので、これが100万円ではなくて1万円だったとしてもアウトになります。

というのも、カラテカの入江さんは闇営業(吉本興業の事務所に内緒で営業)をしてギャラをもらいました。それが理由で事務所を解雇になりました。

宮迫さんや他の芸人は「ギャラをもらっていないのと、営業をした忘年会が反社会的勢力グループではなかった」との理由で厳重注意になっています。カラテカの入江さんも反社会的勢力グループとは知らなかったとコメントしていますので、闇営業をしたことで解雇になったのでしょう。

ということは、この闇営業で他の芸人もギャラをもらっていたのなら、その芸人も解雇にしないと話がおかしくなってしまいます。

ただ、ギャラの振込先がカラテカの入江さんで、宮迫さんや他の芸人の口座に振り込んだ証拠がありません。当然、カラテカの入江さんは迷惑をかけてしまった他の芸人を守ると思いますから本当このことをしゃべりません。

仮に宮迫さんが100万円のギャラをもらっていたとしても、「ギャラはもらっていません」で通すでしょう。

芸人がネタを披露したり歌ったりして お客さんを楽しませているのでノーギャラということはありませんが、カラテカの入江さんに振り込んだお金がどのようになったかは、正確な情報は絶対にでてこないでしょう。

ただ、この証言をしているのが反社会的勢力グループに関係する人です。本当に信用できる情報なのでしょうか?もやもやしている方は多いと思いますが宮迫さんを信じるべきでは?

とはいうものの、こんな記事が出てしまった以上、この闇営業に出席した芸人は会見を開いたりして説明をしないといけません。テレビ番組を制作する方やスポンサーに迷惑をかけてしまいます。

やはり、今後は宮迫博之(みやさこ ひろゆき)さんが出演する番組は減るでしょう。解雇も近い?

スポンサーリンク