卵巣出血は分かりにくい?

卵巣出血は分かりにくい・・のか?

卵巣出血は分かりにくいの?

このエントリーをはてなブックマークに追加     

 

私が病院へ行って結果がもしかして「婦人科専門」ではないか?と言われるまで凄く時間がかかりました。

 

私の場合ですが、お腹も痛いし、肺も痛い、呼吸もしにくいし、微熱もある、などと、ごちゃごちゃした症状から、ありとあらゆる検査を受ける事になったのです。

 

本人が冷静に落ち着いて痛みのある場所が子宮辺りや、下腹部が痛いなどの症状だけだと分かればもっと早くに結果が分かったのかも知れませんが、

 

私の場合はずっと肺から痛かったので余計に検査など時間がかかったのだろうと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まずは、覚えているだけで血液検査にレントゲン、(最初の病院と同じですね)ですがやはり私の肺に以上は全く見られません。

 

次に尿検査、そして点滴を両腕にされながら、(確か片方の点滴は、脱水症状を起こしていると言われたのでポカリ的なものだと思います(笑)

 

複数人のお医者さんに囲まれる事になりました。

 

私の意識は朦朧としておりましたが、こんな人数に囲まれるなんてやっぱり変な病気なんだ!と思っていた事を覚えています。

 

されるがまま、言われるがままCT検査(点滴を変えて、ベッドの上に寝て丸い輪の中に入っていく検査です。)をしてやっと、

 

「体内が血まみれです。卵巣の辺りからかな?これは婦人科専門じゃないか?」とのお話でした。

 

子宮外妊娠の可能性や、盲腸の可能性などいろいろ聞かれましたが、私は幼い頃に盲腸の手術をしているので、

 

盲腸はありえないと話したところやっと「婦人科で間違いないだろう」との判断を頂いたのです。

 

その時の診療明細書を見て確認してみると、私は13もの検査をされていたのです。

 

そこまでの検査をしないと分からなかった「卵巣出血」肺の痛みなどは、おそらく寝ている間などに血液が肺などを圧迫していたのではないかとの事。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そしてその病院に婦人科がない事から紹介状を書いて貰い、女性の医師がいる婦人科へと病院を後にしました。

 

紹介して貰った病院では連絡が入っていたので、待たずにすんなりと診察してもらう事ができました。

 

そこでの診察がエコーと触診です。同性ではあるものの婦人科の経験のない私は、恥ずかしくてたまりませんでした。

 

紹介された病院の先生が気を使って下さり女医さんに診察してもらえる所を探して下さいましたが、正直体験してから本当に女医さんで良かった。と感謝しました(笑)

 

私が女医さんに診察をされながら(触診やエコーなど)聞かれた事は、

 

※最終月経はいつありましたか?
※痛みはどのくらいの期間続いていましたか?
※最近、パートナーの方と行為をしましたか?
※妊娠している可能性はありますか?

 

というものでした。

 

もちろん人によっては病状の進行状態などは違うでしょうし、私の場合他の病院での検査後紹介という形でしたので、ある程度分かっていたのかもしれません。

 

もう少し詳しく聞かれる場合もあるでしょう。

 

それにしても改めて考えると、なんとなくですが恥ずかしい気持ちになります(笑)

 

あまりの痛さに意識は朦朧としておりましたが、内心では「そんな事を真面目な顔して聞かれるっていうのは、なんだかシュールな光景だなぁ、これ。などと思います。

 

今では「こんな事もあるんだよ。危険だから気をつけてね!」と「卵巣出血」を知らない人に、体験談として笑いながら話す事が出来るのですが、実際は本当に痛く、息もしづらく、歩く事も困難で
した。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     

あおいの卵巣出血


ホーム RSS購読 サイトマップ