卵巣出血って何?

卵巣出血・・って何・・・?

卵巣出血って何?

このエントリーをはてなブックマークに追加     

 

私を含め、多くの女性は「卵巣出血」と言われても、文字からなんとなく雰囲気は分かるけど・・・実際は何が起きたの?どうしたらそんな事になるの?

 

文字通りの解釈で合っているの?大丈夫?と少し戸惑うと同時に何か分からないけど、とてつもなく不安な気持ちになると思います。

 

実際私はそうなりました。女性にとって大切な場所の「卵巣」と同時に、毎月来る月経の「出血」。よく耳にしたりCMで見たりする「乳がん」や「子宮がん・子宮頚がん」などとは全然違います。

 

言い方はよくないかもしれませんが、「乳がん」や「子宮がん・子宮頚がん」がメジャーだとすると、「卵巣出血」はあまり知られていない、いわゆるマイナーな部類の症状・病気だと私は思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

私自身も自分が経験するまで耳にした事すらありませんでしたし、私の母親も、勤め先の上司も、症状・病気の具合を計りかねているように思いました。

 

勤め先の上司は、奥様に聞いたらしいのですが、奥様も知らなかったとの事でした(笑)

 

「卵巣出血」を凄く簡単に説明すると、その名前の通り「卵巣からなんらかの原因で出血」をする事です。

 

なんらかの原因というのは、沢山あるらしいのです。

 

結局、実体験をして理解する事が出来たのは、「排卵の際に黄体となる血管が破れてしまい酷い出血をする事」と私は認識しております。

 

酷い出血といっても、私の場合月経の時のように月経グッズ(ナプキンやタンポン)が必要になった訳ではありませんでした。

 

ただ大袈裟ではなく、やばい!救急車呼ぼうかな、と思うくらい酷い腹痛があり、出血自体はずっと体内で起こっていたようです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     

あおいの卵巣出血


ホーム RSS購読 サイトマップ